年上・年下どちらも狙える 完全無料の出会い系サイトで手軽にスマホで恋活

恋活アプリは年齢も幅広い

街コンや合コンではなかなか年齢に幅がなく、どうしても一定の年齢の人としか出会えないですが、恋活アプリや出会い系サイトならば1時間条件を絞り込んで検索をすれば、同じ地域内でも20代から50代とかなり幅広い年代の人を探せて、直接は聞きにくい年収や体重、その他話さなくても読むだけで分かる自己紹介、職種、業種なども迅速にチェックできます。

 

合コンでは1時間にせいぜい3人、街コンでも1時間にせいぜい10人から20人しか名刺交換はできず、その名刺だけで相手のことが分かるわけではないです。直接出会って、先に目で見て判断できるということで、相手の雰囲気やにおいなどをチェックできるメリットはありますが、どうしても人数が少ないので出会いの質にも影響してしまいます。

 

合コンでは年齢まで絞り込めない

街コンや合コンは、それはそれでメリットはありますが、出会いたい相手の年齢を条件で絞り込んで厳選することはできません。相手の年収や年齢を絞り込めるのが恋活アプリや出会い系サイトのメリットです。街コンに出席する人が、恋活アプリにも登録しているかどうかは分からず、その逆もありえますが、条件は皆同じなので、活動範囲を絞り込んでいくのもまた一つの縁になります。

 

合コンは年齢を絞れない上に人数も少ないというデメリットがあります。その点を考えると恋活アプリを利用したほうが結局出会いの数も質も高くなります。また、誰かに恋活、婚活していることがバレにくいので、面倒な噂を立てられずに済むというのも安心です。

 

年上男性を狙いたい人にもおすすめ

恋活アプリや出会い系サイトならば、自分と何歳離れているか、何歳離れていてほしいかも自分で選べます。年上男性でも、3歳から4歳ほど離れているだけにしたいと思う場合は、その年齢層で検索できるのでとても便利です。ただし、地域によってはその恋活アプリの利用者が少なくて、条件を絞り込むとうまく出会えなくなるという場合もあるため、メリット、デメリットをよく理解して活用しましょう。

 

もちろん、若い年下男性を狙いたい人も、その年齢層で検索をかければよいだけなので、使いやすさは変わりません。年収、身長、職業でも選べるため、同業者に知られたくないと感じる場合は、同じ職種の人以外を検索すればよく、バレないで相手探しをしやすいように工夫されています。恋活アプリや出会い系サイトの仕組みをよく理解して賢く応用してみてください。